おいもコロコロ土のいろ もようコロコロ土のあと

2012.06.27 Wednesday

 4月にオープンした大阪府立江之子島文化芸術創造センターで、親子向けワークショップ講師をさせていただきました。江之子島をはじめ大阪で採集した土3色で絵具を作り、さつまいもに模様を彫ってローラースタンプにし、みんなでおおきな和紙にスタンプしました。最後に和紙をつり上げて、みんなで鑑賞。終わってから紙の下をくぐって子供達が遊んでいました。土もおいもも和紙も、さわったり削ったり剥がしたり、五感をを使って遊んでくれたと思います。

 ワークショップでは、自然素材に触れること、身近なものの美しさに気づくこと、そういう体験を参加者みんなでシェアすることを大切にしました。また模様の導入として、縄文土器やメソポタミア文明のローラースタンプのルーツなども紹介しました。模様という抽象性により、描いたりスタンプする時の自由度が広がったと思います。

 アンケートでは、「彫刻刀を体験できてよかった」「土で絵具を作るのが楽しかった」「身近にあるものでこんなことができるんだと思った」「おやこでできるワークショップにまた参加したい」などの感想をいただきました。彫刻刀を扱うとなると、やはり緊張するものですが、親子で慣れないことをいっしょにしてみると、共同作業が増えて、コミュニケーションが生まれるものだなと思います。

 出来上がった作品は、しばらくの間センターの1Fロビーに展示していただいています。お近くにお越しの際はぜひご覧下さい。

Abuku Journal

news